スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの丸のうつわのなかに、盛岡市菜園、Agartha(アガルタ)。

IMGP0900.jpg


フランス料理屋さんがお店を閉めて
春に新しく入ったのは
カフェでした。


IMGP0901.jpg


街中散策の途中で
お昼ご飯を食べに
入ります。


お店が変わると
店内もずいぶんと変わります。
カウンターには
カクテルリキュールなどが並び
壁面天井近くには
細い流木のようなものが
たくさんあって
天井は真っ黒になり、
窓際にはソファーが置かれ
ビンテージの椅子
シャンデリア。
流木やビンテージ家具などをみても
全体的に時間が経過した木を
使ったものが多く、
ゆっくりとくつろげそうな空間です。


ごはんの定食を
いただくことにしました。
たぶん、その日かその週によって
内容は変わるのでしょうけれど、
この日は
チンジャオロースでした。


定食がやってきたときに
なんともうれしかったのは、
うつわです。
なんともなごむうつわを
選んでいます。


ちょっと記憶はあいまいなのですが、
ごはん、みそ汁、
サラダ、チンジャオロース。
すべてが丸で統一されていて
ごはんとみそ汁のうつわが
同じ円の大きさ。
チンジャオロースのうつわが
木の丸いうつわ。
サラダは陶磁器だったでしょうか。
ごはんのうつわは
十草(とくさ)模様の
小さくも
深さのあるうつわで
雑穀のごはんでしょうか。
それに合わせるかのように
みそ汁のうつわも
同じ大きさの木の汁椀。
チンジャおロースだけでなく
なますやきゅうりの古漬けなど
いろいろとついてきて
食べるのが楽しそうです。


なますというと
酢が強く効いているイメージなのですが
こちらはなんともやさしく
素材をたのしめる味付けです。


いろいろな種類の材料を楽しめ
かわいらしい姿のうつわだったので
足りるだろうか、と
少し心配したのですが、
十分に満たしてくれる
食事でした。


ずいぶんとしっかりとした
食事を出すカフェです。


最初に出された
水の入ったグラスも
よかったのですが、
コーヒーの入ったマグカップも
またよいのです。
厚めのマグで
冷めにくそうで、
かたちもやわらかい
落ち着きのある姿です。
どこか丸さがあって
ぼてっとしすぎず
かわいくなりすぎず。


うつわ類はどれも
丸さややわらかい感じのものを
選んでいるようで
やはり、落ち着きに
つながるのでしょう。


うつわとの出会いは
カフェの楽しみのひとつです。


ごちそうさまでした。



Agartha(アガルタ)
盛岡市菜園1-1-2
019-613-9235
[火-土]11:30-24:00(L.O.23:30)
[日]11:30-21:00(L.O.20:30)
定休日:月



盛岡経済新聞
http://morioka.keizai.biz/headline/1559/



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。