スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飽きさせないクリーム、盛岡市清水町、ワッフルエムズ。

IMGP0899.jpg


ワッフル専門店があるらしく
その場所を求めて
ウロウロしてみますと
下の橋へ向かう
一方通行の途中にありました。


ポストが目印となっており
あの赤い姿はわかりやすいです。


店内に入りますと
ワッフルを焼く
小麦粉と砂糖が入った
生地のかおりが
空間に満たされており
一気に気持ちを
スイーツモードへと
変えてしまいます。


目の前のショーケースには
かわいらしいサイズのワッフルがならび
右側を見ますと
透明ガラスの向こう側では
ワッフルを作る姿が見えます。


お客さんが一名おりまして
お会計をしている間に
ショーケースを眺めます。


IMGP0920.jpg


いろいろな色のワッフルが
楽しげに並んでおりまして
迷いましたが


IMGP0921.jpg


小さな100円のワッフルは
全種類買いました。
ソフトワッフルとして
100円サイズよりも
ちょっと大きめのものが
数種類ありましたので
そちらも2種類買ってまいりました。


私は相当前になりますが
ワッフルであまり良い経験をしておらず
ちょっと心配しておりました。
昔、ネットでワッフルが人気であったころ
買ってみたものの
なぜ、ここまで人気があるのか
疑問に思ったことがありまして
それ以来、ワッフルに興味がなくなり
手を伸ばすことはありませんでした。


今回はどんなものだろうか、と
思いながら
ワッフルの透明な包装をとりまして
食べてみました。


生地の食感の弾力、やわらかさがあって
クリームもさっぱりとしており
食べ飽きません。


なんといっても
クリームにはひと手間加えてあります。
オレンジやいちごならば
クリームだけでなく
果肉もまぜて、かおりがしっかりとあります。
果物の酸味が感じられ
味になんといいますか
立体的な感じがいたします。


抹茶は
しっかりと味がして
苦みもあります。


レモンのすっぱさやさわやかさ、
チョコなんかは
刻んだチョコがまぜてあります。


ラムレーズンのほうは
ワッフルがソフトでふわふわです。
カスタードの中に
しっかりとラムを効かせたレーズンがあって
ちょっと大人な感じです。


リンゴは
食感を残しつつも煮たリンゴが入っており
リンゴの風味がさわやかです。


お値段も100円から
180円となっており
知人や会社へのちょっとした
お土産としても使えそうです。


ごちそうさまでした。



ワッフルエムズ
盛岡市清水町5-20
019-618-7022(事前予約可)
10:00-19:00(売れ切れ次第終了。1日300個限定。)
定休日:木



盛岡経済新聞
http://morioka.keizai.biz/headline/1583/



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。