スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育全体も大人の枠にはめているのでは?、日本テレビ:NNNドキュメント2014、おしゃべりな絵 子どもの声が聞こえますか。

気になったドキュメンタリーは録画して
時間があるときに見ています。


今回は、日テレのNNNドキュメントで
放送されていた
福井放送制作のドキュメントで、
保育園の取り組みについてです。


待機児童の話ではなく
保育そのものの取り込みについてです。



おしゃべりな絵
子どもの声が聞こえますか



福井県若狭町
8つの公立保育園全てで行われていることで、
それは子どもの絵から
心の内を読みとる、というものです。



「子どもの絵には、
言葉にならない思い
がつまっている」



といいます。


子どもの絵を見続けて50年
現代美術作家 長谷光城さんが
各保育園をまわり
子どもたちの絵を見て
その気持ちを読み取ったり
また、読み取り方を教えています。


その見方は
書いた絵をずらりと並べ
その変化を見ます。
その時期によって描かれた絵が違っていて
気持ちの浮き沈みや
自分を出せている出せていない
閉じこもっている、
自信があるない、などなど
絵からその子どもの心、気持ちの状態を
読み取っていきます。


「子どもは言葉を持たない、少ないから
非言語の絵の世界で
知ったこと、伝えたいことを
描いてくる」
といいます。


この絵から心を読み取る保育が始まったのは
昭和58年から。
約30年前です。


園長が長谷さんに
園児たちの絵をみせて


「上手に描けたでしょ」


というと、長谷さんは


「子どもの絵じゃない」


と言ったそうで
大人が指導して描かせた絵だと
指摘したのです。


そこから


「保育全体も大人の枠にはめているのでは?」


これでは、子どもに生きる力がつかない


と園長は考え、保育の方針を変えます。


子どもの自主性をのばす保育へと変わります。
山や川で遊ぶようになり、
遊具、おもちゃは無くしました。
水、土、木といった
自由な空間で工夫をして遊ぶようになります。
服は泥だらけになりながらも
自由に遊びます。
保育士は見守るだけで
手は出しません。


お絵描きの時間は決められていません。
描きたい時に描きます。


絵を見て
子どもの心の状態を推測するのですが、
これは、長年子どもの絵と向き合ってきた
長谷さんだからできることなのかもしれません。
保育士さんたちも
メモ片手に、その読みとり方を
学んでいます。


長谷さんは
元は学校の先生で
その後、NPOでも教壇にたち
不登校、ひきこもりの子どもたちと
向き合っています。


長谷さんは


「乳幼児期に豊かな自然体験、生活体験をしたか。
許してくれる保育者たちに囲まれていたか。
乳幼児期のストレスが
思春期に目を出してくるのを見てきた」


といいます。



子どもの場合、5歳あたりまでが
すごく大切な期間と言われ
そこでの生活環境が
大きく影響を与えます。
発達心理学では
乳幼児期の間に
信頼、自立、積極性を
育む期間とされているようです。



この放送で出てくる保育士さんは
みんな、視線が温かいです。
見守っています。


例えば、子どもたちで
争いが起こっても
保育士さんは手を出さず、
見守るだけです。
自分たちで解決することは
その子たちの力になると
思っているからです。


その年齢に応じて
対応の仕方も変わってくるのでしょう。
場合によっては
声をかけたりしますけれど、
指示をすることはありません。


褒めることを意識されているようで
がんばったところを褒めることは
子どもたちの自信につながります。


甘えてくる子どもには
十分に甘えさせることを
理解していて
甘えを受け止めてくれれば
それは信頼につながり
自立へと向かいます。
(甘やかすとは違うようです。)



大人の都合で保育するのではなく、
子どもの内面の発達を中心に
保育するというものです。


子どもの絵は
そのとき状況を素直に表していて
集団での関係性、
積極性や自己主張、自信、不安などが
見えてきます。


自信がつき、自己主張をし始めた絵は
絵がしゃべりだした、と言っていました。


今回の放送で
絵から子どもの内面を読み取るというのが
メインに持って来ていますけれど
その本質は
子どもの向き合いかたです。
一番、印象に残ったのは
この保育を実践した元園長の


「保育全体も大人の枠にはめているのでは?」


という視点です。
大人の指導が入った絵だと指摘されて
そこから、保育のことに
考えがつながり、
実践に移すというところが
すごいと思いました。


子どもの成長を見守り、
子どもたちの内面を
絵を通して見ながら考える
長谷さんや保育士さんたちの姿は
どこか、やさしさとあたたかさを
感じました。



出典・参考
NNNドキュメント
おしゃべりな絵 子どもの声が聞こえますか
制作:福井放送
放送:3/24(月)0:50-1:20



日本テレビ NNNドキュメント
http://www.ntv.co.jp/document/

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。