スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレー屋さんの野菜はなぜかおいしく感じてしまいます、盛岡市中ノ橋通、カレー工房チャルテン。

寒さがピークの2月あたりのことです。
ランチを食べに
仕事場から真冬日の外へ出て
早歩きでカレー屋さんを目指しました。


盛岡でも
人気店のひとつですので
平日のランチは
混むだろうと思っておりましたが
なんとか座ることができ、
野菜キーマカレー、
食後ラッシーの組み合わせで
お願いします。


店内は
ほぼ、サラリーマンなど
お仕事をする人が
ランチで来ているようでした。


チャルテンとは
アルゼンチンにある小さな村です。
200人くらい住んでいるとされて
登山を楽しむ人が集まるところのようです。


南米を旅したことがあるらしい
店主の好みが
反映されているカレー屋さんは
アンデスの音楽が
ひょうたんらしき植物に収めた
スピーカーから流れています。


店内は木を全面に出したような内装で
温かみがあります。
どこかアウトドア的な雰囲気があって
そのラフ的な感じと
木の温かみがいっしょになって
気持ちもゆったりとなって
こころは落ち着いているみたいです。


このお店に来ると
キーマカレーを頼んでしまう場合が
多いのですが
今回は、野菜をプラスしてみました。
キーマカレーの挽肉とごはんだけの
組み合わせだと
そんなに噛むことなく食べられるので
気をつけながら
噛むこと、味わうことを
意識して食べても
すぐに食べ終わってしまうのと
やはり、野菜摂取量が少ないのが
気になって
野菜好きとしても食べておきたく
注文したのでした。


食後ラッシーは
カレー屋さんでは
いつも頼むのですが、
ランチを食べに来ている人達を
眺めていると
ラッシーを飲んでいるお客さんは
誰もおらず、
このラッシーを飲まずして
カレーを〆ることができようか、と
勝手に思っている私としては
すこしさびしいかぎりです。
100円プラスするだけで
ついてくるラッシー。
辛い食べ物のあとに
やわらいでくれるやさしさ。
デザート感覚で飲むこともでき、
カレーを食べ終わったあと
本日のカレーを思い出しながら
反省点と次回注文するメニューを
考えながら
ヨーグルト風味の飲み物を
ストローで飲む。
ヨーグルト風味であるけれど、
日本のヨーグルトは違った
インドの飲み物。
あれこれとカレー回想に浸りながら
しだいに満腹感に近づいて
気持ちも食べ終わった感で
満たされる。
そんな素敵な時間を
過ごすことのできるラッシーです。


野菜キーマカレーがやってきました。
普段のキーマカレーに
野菜が混ざっています。
カレー屋さんで野菜のカレーを頼むと
野菜が大きめで
家庭のカレーとは違い
どれも野菜がおいしく感じてしまうのは
やはり、食感を
大事にしているからなのでしょうか。
野菜が主役級の扱いで
存在感がありながら
どれも柔らかく、
しっかりと味わえます。


野菜は別で調理されているからなのでしょう。
家で作ると
鍋ひとつでまとめて
作ってしまいますので
それはそれで
好きですが、
カレー屋さんの野菜は
その存在をしっかりと出しつつも
カレーの邪魔にならないように
なっています。


カレーは普通に食べても
すぐに食べ終わってしまいますので
味わうように
ゆっくりと食べるように
しているのですが、
それでも、やはり、
普段の食事と比べますと
すぐに食べ終わってしまいます。
キーマカレーの挽肉の存在が
ついつい、食べるスピードを
上げてしまいます。


食後のラッシーを飲みながら
本日のカレーを復習して
次のメニュー候補を考えます。
飲み終えますと
お会計を済ませ、
お店を出ました。


ごちそうさまでした。



カレー工房チャルテン
盛岡市中ノ橋通1-8-1
019-651-1223
11:30-15:00
18:00-20:00
定休日: 日、祝日



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値


検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。