スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素直になってしまうコッペパン、盛岡市月が丘(ジョイス月が丘店)、福田パン。

IMGP0782.jpg


スーパーの実演販売や
試食販売は素通りするのに
福田パンだけは
その前に立ち止まり
どんな味が並んでいるのか
確認して、
とりあえず、カゴに入れておく
という選択をしてしまうのは
盛岡の人だからでしょうか。


このときだけは
自分の好きな味をお願いして
クリームをコッペパンに
塗ってくれますし、
そうでなくても
テーブルにずらりとならんだ
普段とは違う簡易包装の
福田パンは
作り立て感があって、
普段のパンコーナーで
売られている福田パンとは
どこか違う気がします。
そう感じてしまいます。


ビニール袋に入れられて
シールで味を表示され
おなじみの
あんバターとか
ジャム系とか
クリーム系とか
定番の顔ぶれなのですが、
チーズと
ヨーグルトクリーム
の組み合わせが
ひとつだけ
まぎれこんでおりまして
普段見かけない姿に
食べたことのない(たぶん)
組み合わせに
興味を持ち、
スーパーのかごに入れました。


家に帰り、
さっそく福田パンを取り出しますと
袋からだして
大きなコッペパンを見つめます。


両手で持つコッペパン。
片手でも持てなくはないですが、
やはり、両手で持って
しっかりとその姿を見つめたい。
両手でその大きさを
扱いたい。
じっと、コッペパンの表面を
見つめ
焼かれた茶色の表面と
底の白っぽいところ、
ツートンカラーを
見つめ
このおなじみの姿に
福田パンの存在を
確認して
かぶりつきます。


チーズとヨーグルトは合うのだろうか。


そんな疑問を持ちながら
食べたのですが、
チーズのしっかりした味を
ヨーグルトの酸味が
すっきりとさせて
なんとも相性がよい組み合わせでした。


どちらも出身が牛さんですので
仲がよいのかもしれません。


のれん分けをして
東京の葛飾でお店を開いている
吉田パンは元気でやっているだろうか、
と一度も食べたことないけれど
商売がうまくいっているのかどうか
気になりながら
福田パンをひとくち。


なぜ、いつも買ってしまうのだろうと
思いながらひとくち。


次は別の組み合わせを食べようと
思いながらひとくち。


ひさしぶりにお店に行って
食べてみようか
と思いながらひとくち。


素直になれる福田パン。
飾らない姿がそうさせるのかも
しれません。


ごちそうさまでした。



福田パン 長田町本店
盛岡市長田町12-11
019-622-5896
7:00-17:00
定休日:お盆、年末年始



ジョイス盛岡月が丘店
盛岡市みたけ5-3-45
019-605-5400
平日 10:00-11:00
日祝 9:00-11:00



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。