スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人が変わらなければ子供のいじめはなくならない、楽天ブックス(幻冬舎新書)、いじめと探偵 阿部泰尚。

IMGP0790.jpg


これは
今の時代の子どもたちの
いじめというものが
現場でどのように行われているか
ということを
知ることのできる
本かもしれません。


今回は読書感想文です。



いじめと探偵 阿部泰尚 幻冬舎新書



まず、ここで前置きをさせていただきますと、
ここで登場する探偵
T.I.U.総合探偵社の代表である阿部さんや
そこで働く人々は
いじめをはじめとした
弱者の立場にある人に対し
助けたいという
強く熱い気持ちを持っている
人々の集まりであり、
そういったことに
向き合う覚悟のある人々です。
当然ながら仕事として行っており、
探偵業務範囲内での行動とはなるのですが、
自分の立場や範囲をわきまえつつ
理解した上で
真剣に向き合っています。
いじめに対する調査は
利益はなく、
無償に近いかたちで行われます。


こちらの探偵社は
子供と接する場面が多くあります。
いじめ調査以外でも
子供の家出捜索、
虐待の調査などあります。


浮気だって、
本人やそのパートナーだけの問題ではなく
一番の被害者はその子供たちです。
その精神的影響は大きく、
心の成長にも大きく関わってきます。
離婚した場合の子どもの影響もそうですが、
片親での貧困問題というのも
最近では報道で見かけます。


こういった
様々な調査をしているので、
子供という存在が
どういう存在なのか、
ということを知っていて
子供たちと向き合って
きちんと信頼関係を結べる人たちです。


心に傷を受けた子供が
回復に向かうのにどれだけ大変か
ということを知っている人たちです。


子どもたちに
真剣に向き合っている
人たちなのです。



いじめと探偵



これが本のタイトルです。


この探偵社は
探偵として日本で初めていじめ調査を
行った会社となっているようです。
世間では
いじめに探偵が介入すると
すぐに批判的になる人がいますけれど
探偵が登場しなければならない
社会的環境がそこにはあって
この本の著者でもある
T.I.U.総合探偵社の代表である阿部さんも
探偵が出てこないような状況のほうが
良いと思っています。



この探偵社のいじめ調査方法を
他の探偵社が行うのは難しいでしょう。


大手の探偵社とは
規模の面では違いますが、
その調査能力は
東京でも屈指と言われるほどのようです。


例えば、
他の探偵社で失敗に終わった調査が
探偵社経由で依頼がきます。
プロの探偵が依頼する探偵社なのです。
しかも、そういった依頼内容は
調査に一度失敗しているため
対象者が警戒心を強く
難易度が高くなっているのですが、
調査を成功させるようです。


T.I.U.総合探偵社は
当事者録音という方法を得意としています。
これはいじめ調査で証拠集めとして
使われるのですが
もともとは、セクハラ、パワハラ、
DV、虐待など
外からは見えない場所、室内で行われる
傷つける行為に対し
証拠を集めるために
使われていた手法です。


当事者、つまりは被害者自身が
傷つく過程を
映像や音声で残します。
裁判でも使えるレベルの証拠です。


もちろん、本人の意思にまかせ、
同意のもとに行います。


行う場合は、
相手に気付かれないように
なんどもレクチャーされ
自然に出来るようになるまで
練習をするそうです。


録音、録画する機材も
相手に見つけれたことはないようです。
独自に開発がされているようで
SDガードにも仕込めるレベルのようです。
(約縦30mm横20mm厚さ2mm)


いじめの当事者録音では
相手にばれたことは一回もないそうです。



代表本人が
公認のカウンセラーでもあり、
多くの傷ついた人々と接してきています。


学生や子どもと接する機会も多く
犠牲になってきた子どもたちと
向き合ってきたようです。


優れた調査能力があり、
様々な種類の調査経験があり、
証拠を残す技術や優れた機材があって
人のこころと向き合い
弱い立場の人々のために
行動してきた意識と
巧妙な隠ぺいによって
見えにくくなったいじめという
社会の状況が
この探偵社に


いじめ調査


というものと出合わせたのは
偶然ではないでしょう。



私がT.I.U.総合探偵社を知るようになったのは
10年くらい前になります。
当時、様々なメルマガを購読するなかで
興味本位でこちらのメルマガも購読したのですが、
今では、その当時購読したメルマガの中で
唯一、今でも読み続けているメルマガです。


メルマガの最初には
こう書かれています。


「ギリギリ探偵白書」は、
T.I.U.総合探偵社のメンバーが
実際に体験した調査を
ご依頼者様の許可を得て作成されています。
(メルマガ-ギリギリ探偵白書より)


内容は事実をもとに書かれています。
メルマガに書くことを許可すると
調査依頼料が割引になる制度があります。
実際にそのまま書くわけでなく、
2~3割は手を加えて
依頼者を特定できないように配慮したり、
読みやすくなるように
フィクション部分が加わるようですが、
7~8割は本当のようです。


現代の探偵はどのようなことをしているのか。
現実の探偵がどのようなことをしているのか。


子どものころ、
マンガ、アニメ、ドラマ、小説
といった場面によく登場する「探偵」。


よく殺人現場に登場し、
難事件を推理によって
犯人を特定し、追いつめ、解決していく。


そんな探偵もいれば、
ハードボイルドな探偵のイメージ、
ちょっと小さな個人事務所にタバコ。
茶色いお酒を好み
移動手段の車やバイクは
ヨーロッパのレトロデザイン。
人間模様が垣間見えたり。


けれど、
実際の探偵の主な仕事は


「浮気調査」


でした。


物語の世界とは違い
現実的でドロドロとした世界です。
これは衝撃でした。


証拠をビデオやカメラで残し、
詳細な調査報告書を作成し、
裁判でも使えるものを残す。
それを依頼者に渡すまでが仕事です。
その調査報告書がどのように使われるのか、
その後、どのような展開になり、
結果になるのか。
そこまでは関わりません。
調査するのが仕事です。


物語の探偵とは違うのですが、
共通しているところもあります。


たとえば、
シャーロックホームズのように
部屋に入ってきた人を見ただけで
その人がどのような職業で
どこの出身で
朝、どのような行動をしたのか
性格や知能レベルまで
見抜いてしまうようなことはありませんが、
小さな言動、態度、服装、会話の仕方
ちょっとした表情の変化など
観察、洞察することに長けていて
そういったことから現在の心理状態を把握し、
相手が求めていることや
どのような行動に出るかを予測し、
場合によっては
突発的な行動にも対処します。


名探偵コナンのように
蝶ネクタイがマイクになったり、
時計から睡眠を促す針が飛びだしたり
サッカーボールが突然大きくなり
スニーカーが蹴るパワーを増大させるような
未来的道具はありませんが、
数ミリの厚さのものに
カメラを仕込むことが出来たり
センサー付きの自動録画、
超望遠のカメラやビデオ
録音機材があったり、
IT関係、ネットにも強く
パソコンデータ、
ハードディスクや携帯電話の
解析はもちろん、
調査用のプログラムなども組んで
使用します。
これらの行為は
関連の法律を熟知して、
法に触れることのないように
調査をします。



浮気調査だけの探偵社ならば
メルマガをここまで続けて読まないかもしれません。


やはり、


気持ち


に動かされるのです。



この探偵社は
ちょっと踏み込んだものも扱っています。


詐欺、
ストーカー
産業スパイ
虐待、DV、いじめ
失踪人の捜索、
場合によっては
裏の人間たちと対峙しなければ
ならない場合もあります。


こういった行動の
原動力は
助けを求めている人に対して
本当に助けたいという想いです。
その姿に
惹きつけられるのです。



警察などの公的機関に任せれば
いいではないか、と
思うかもしれません。


けれど、
警察にできないこと、動けないこと、
依頼側も
言えないこと、見られたくないこと、
おおやけにしたくないこと、
様々な事情があります。


詐欺の場合、
お金を取り戻すことが目的であり
刑事告訴することが目的ではありません。
見つけ出し、追いつめ、交渉し、
お金を返してもらいます。
警察に突き出すことを
交渉カードのひとつとして使うようです。


ストーカーの場合
最近の報道でもわかるように
ストーカー規制法などというものがあっても
結局、事が起こらないと行動できないのが
警察です。
口頭注意とアドバイスぐらいで
最終的に殺人というかたちで
ニュースに出てきます。


虐待ですと
最近は児童相談所などの
権限は強くなり
子どもの命に危険があると判断すれば
強制的に保護できるようになりましたが、
昔は権限が弱く
存在意義を疑われるような存在でした。
ただ、強制介入はいろいろと
意見がわかれているようです。
探偵の場合、調査能力に長けていますので
虐待されているかどうかを
見分けることができます。
(児童虐待防止法により
児童虐待を見つけたら通報する
義務があります。)


家出人の捜索は
一般家出人、自分の意思で家を出た人は
警察は基本、捜索しません。


探偵の仕事は調査です。
証拠を残すことです。
知ることであり、
事実をはっきりとさせることです。
知ることで
次の行動を起こすことができるでしょう。



今回はいじめに特化した本です。


いじめに対して憤りを感じ
何とかしたいと思っている人間が
職業柄それを証拠を残す能力に長けていて
その過程でいじめの実態を知るようになった。
その実態を世間に知ってほしい、
いじめが少しでなくなってほしい、
という気持ちから出版されたものだと
私は受け取っています。


彼は本気になって行動しています。
睡眠時間がほとんどなく、
あまりにもハードワークすぎて
いつも心配になります。
ときには命の危険にさらされるような
場合もあります。
利益抜きで
子供たちのために行動する姿や心を
感じとってほしいと思います。


探偵だから見える現実です。
そして、すべて事実です。


内容の引用・参考は


いじめと探偵 阿部泰尚 幻冬舎新書


からです。



~「子供がいじめられているというなら、
その証拠を持ってこい。
証拠がなければ学校は動けない」と言われた~
(9ページ「はじめに」から)



続きは
自己責任でお読みください。



目次
第1章 探偵にいじめ相談が来るのはなぜか?
第2章 なぜ、いじめられている事実を親に隠すのか?
第3章 子供のいじめもカネとセックスがらみに
第4章 低年齢化する集団レイプ、猥褻行為の強要
第5章 教育現場の機能不全で、いじめの質も変化している
第6章 子供をいじめから守るために、大人ができること


第1章 探偵にいじめ相談が来るのはなぜか?


この章は
日本ではじめて私立探偵として
いじめ調査をしたきっかけと
相談から調査、
いじめの実態を細かく書かれています。


簡単な流れを書きますと、
次のようになります。



最初はいじめ調査として始めたわけでは
ありませんでした。


訪れた父親は自分の娘を調べてほしいと
依頼してきたようです。
娘が万引きをして、
自習室に隔離される懲罰を
受けていると言うのです。
理由を聞いても泣いてばかりで話してくれない。
そこでT.I.U.に相談に来たというわけです。


その話を聞いた阿部さんは
もしかしたら、
万引きをやらされているのではないか?
と思ったそうです。


尾行調査をした結果、
学校のクラスメイトのグループに
万引きを強要されていることがわかります。
いじめが発覚します。


そこで
いじめの事実を
集めることになりました。


証拠集めはT.I.U.が得意としている
当事者録音と
調査員が尾行をして
離れたところから
撮影するかたちで行われました。


当事者録音は
ICレコーダーを使って
はっきりと万引きされた事実を
第三者にわかるように
こっそりとばれないように
録音します。


これは被害者の娘さんの協力が必要で
娘さんとの信頼関係を
築く必要があります。


万引き強要されたら
はっきりと断ることを
しなくてはなりません。
その会話を録音します。
負担のかかる行為です。


調査員は
万引き強要している
同じ学校のメンバーを
尾行して
住所や素性、
メンバー内の役割などを
はっきりとさせます。


探偵の仕事は証拠集めです。
今回の調査で作成された
調査資料は300ページにも及びます。
音声、動画の記録つきです。


ここまでが探偵の仕事です。


依頼者はこの資料をもって
学校にのりこみ
校長と面談し、解決に導きました。
(警察とマスコミに出すと言ったら
学校側がパニックに陥り
すぐに対応したようです。)


被害者の娘さんは
懲罰取り消し、名誉挽回。


いじめのリーダー格は転校。
他のメンバーは懲罰的処理をされ、
クラス替え時にはバラバラにされます。


これが
はじめてのいじめ調査でした。


流れだけを簡単に書きましたが
いじめがどのように行われているのか、
いじめている側といじめられている側を
探偵という立場から観察し
その状態を書かれています。


この調査でわかったことは


探偵のような第三者が入らなければ
見抜けないいじめがある。


ということです。


現在、T.I.U.には
いじめ相談は年500件あるそうです。
(電話300件、メール200件
この本を執筆段階での件数)


ただ、このうち
いじめ調査を受件するのは
約30件。


残りは相談時のアドバイスで
探偵の力を借りず解決可能だといいます。


たいていの親は
子供と話し合うことなく、
学校にも相談せず
探偵に電話してきます。


まずは子供と話し、
学校に相談することを
伝えます。


相談してくる親は
子供とのコミュニケーションが
取れていないことが
多いようです。
相談してきた親は
そのことを聞くと
子供とコミュニケーションを
していることは当たり前だと
反応します。
けれど、
「クラスメイトは何人いますか」
「お子さんと一番仲の良い友だちは誰ですか?」
という問いに
ほとんどの親は答えられないといいます。


私は子供と関わることが
ない生活をしているので
現在の家庭がどうなっているかは
知らないけれど
相談に来る家庭は
そのような傾向があるようで
そこにもなにか原因が
あるように感じます。


この本を読んでいると
親と子どもの関係が
歪んでいるといいますか、
これも時代の変化なのだろうか、
と思う場面が多く登場します。
私の時代は時代で
いろいろと問題のありましたから
時代によって
歪んだ関係性も
変化するのでしょう。


そういう関係性だから
私立探偵に依頼しなければ
ならないようなことに
なるのかもしれませんが、
それはただ単に
家庭内の問題と片付けてしまうには
短絡的のような気もして
その環境、社会的背景、その時代背景も
考慮しなければ
ならないような気がします。


子供との話し合いもダメ、
学校に相談してもダメ、
そして、子供に危険が及ぶケースのみ
いじめ調査を行います。


学校側もちゃんと動けば
6割は解決するといいます。


まず、本人が
いじめを告白してもらう必要が
あるのですが、
阿部さんの子供との向き合い方を
見ていますと、
子供の心理、気持ちをよく理解していて
丁寧に時間をかけて向き合い
信頼関係を築いていく姿は
すごいと思いました。


自分がいつ誰にいじめられたのか、
それらを阿部さんは
まとめて提出します。
子供と一対一で向き合うことからはじめ
いじめられていることを告白し
その内容を具体的に
まとめていく工程は
一日かけてすることですが
これは相談のうちに入り
料金は発生しません。


そのまとめた内容を
学校側に提出すると
防止策を講じ、
6割は対応してくれるそうです。
道徳でいじめ問題を取り上げたり
いじめられている生徒を
保健室に隔離したり、
監視体制を強化したり。


けれど、残りの4割の学校は
有効ないじめ防止策を講じません。
そこで証拠を集めるために
調査員が動きます。
ここで初めて料金が発生します。
調査員の人件費です。
尾行などをするのですが
その場合は、あらかじめ
対象となるいじめられている子供に
調べることを伝えておくそうです。
その子との信頼関係を
損なわないようにするためです。


証拠を取ったら
学校側に突きつけるわけで
さすがに学校側も動かざる得なくなり
解決へと向かうのですが、
その後、学校側は
加害者側、被害者側の親を引き合わせ
損害賠償が行われるようで
こういったことが行われていることを
初めて知りました。
物損などは弁償というかたちで
心の傷は慰謝料というかたちで
支払うようです。


第一章は以上になります。


いじめの実態や
調査の流れ
子供の心理、
学校の対応、
事後の流れまで
全体が把握できるように
概略で説明してくれます。


第2章 なぜ、いじめられている事実を親に隠すのか?


子どもたちがいじめられていることを
言わない理由が書かれています。
親も先生も信用しない理由が書かれています。


第3章 子供のいじめもカネとセックスがらみに


友だちに1000万円かつあげされた例、
女子生徒が女子生徒に援助交際を強要する例、
集団レイプの実態など
今の時代のいじめの姿が書かれています。
大人が行えば、詐欺罪、恐喝罪、強要罪、強姦罪と
犯罪行為であり、
いじめの比率は中学生が多いのですが、
低年齢化が進み、小学生でもレイプに関する
いじめがあるそうです。


第4章 低年齢化する集団レイプ、猥褻行為の強要


集団レイプを例に
どのようにいじがが行われているのかが
書かれています。


「死に方がわからない」と
探偵社に電話をかけてきた女子中学生。
その女子中学生に向き合い、
対応する探偵の姿が書かれています。


第5章 教育現場の機能不全で、いじめの質も変化している


時代によっていじめが変化していることのほか、
学校側の対応にも例をあげて書かれています。
学校全てがそうではないと思うですが、
ひどい例をあげたのだと思います。


いじめを注意した先生が担任から外された。
いじめの相談に訪れたお母さんが校長にセクハラされる。
事実を突きつけられてどうしたらいいかわからず
泣きだす校長。


子ども側の考え方も書かれています。
先生は何もできないと思っているようです。
先生は助けてくれない、相談に乗ってくれない、
何もしてくれない。
先生よりも親が強いことを
子どもたちは知っていて
大人の普段のやりとりを観察しています。


第6章 子供をいじめから守るために、大人ができること


いじめられている子どもたちは、
サイン、SOSを出しているので
それを見つける方法をあげています。
それと、ノウハウと経験のある探偵事務所の
見分け方も教えてくれます。


「大人の社会が変わらなければ
いじめは減らない」


いじめを探偵という立場から見てきた
阿部さんは言います。


「子供たちのいじめは
大人の世界を真似ることから始まる」


子どもたちの本音が書かれていますので
引用しますと
(212ページ)
~実際にいじめられた経験があって
社会復帰している子どもたちと、
ファミレスでピザを食べながら
話している時に彼らに聞いてみた。
「ニュースとかで、いじめ問題の委員会が
できるって言っているけど、どう思う?」
すると、彼らは異口同音に、
「何も変わらないと思うよ」と言う。
「だって、あのおじさんたち、
やっているフリしているだけでしょ」~


最後にはこう書かれています。
(214ページ)
~「子供の教育が大切だ」と
言う大人は実に多い。
でも教育する側の自分たちが
変わることなく
まともな教育ができると
思っているとしたら、
これほどおめでたいことはない。~


学校側のいじめ対応を見てきた
探偵の意見として書かれています。


阿部さんがいじめ調査をする場合、
学校側がいじめに対して対策をせず、
隠ぺい体質があって
事なかれ主義、保守主義の学校を
相手にしますので、
悪性の強い管理者ばかり見てきています。
その結果、多くの子どもたちが
苦しんでいる現状を知っていますし
意見、批判を言うのは当然です。


現在の教育現場というものが
どうなっているのかは
私はよく知りません。
報道で少し知るくらいです。


あまりにも教育現場に
のしかかる負担が大きい、という
報道がよくされます。
本業以外にもやらなければ
ならないことがあまりにも多く、
子供たちと向き合うことに
時間を割けないのかもしれません。
そうしますと、
やはり、先生が
子供たち向き合うことに
専念できる環境が
必要かもしれません。
(教育に詳しくありませんので
あまり想像することができません。)


いじめは子供たちの問題として
捉えるのではなく
教育組織の問題、という指摘は
この本を読んでいると
そう思います。


そもそも、
子供たちを変えたいならば
まず、大人たちが変わらなければ
ならない。
そちらが先です。
子供たちの環境を作っている
大人が変わらなければ
子供も変わりません。


子供は自我(自分)というものが
発達途中であり、
自分の意思が弱く
環境の影響を受けやすい状態です。


子供たちは
大人たちを常に見ています。
大人たちを見て
いろいろなことを感じ、学び、
成長していきます。


今の子供たちの現状というのは
今の大人たちが作った世界の影響を
受けた結果であって、
大人たちへの評価、とも
言えるかもしれません。


子供たちは
大人たちを常に見ています。
自分を変えることすらできない
大人たちのことを
だれが聞く耳を持つというのでしょうか。


まわりを変えたければ
まず、自分から。
これは基本です。


子供たちは
大人たちを常に見ています。
その大人が信用できるかどうか。
自分を変えることをできない大人は
自分を見せることをできない大人は
信用しません。


子供を変えたければ
大人がまず変わらなければならない。
その姿を見せることで
子供はその姿から学んでいくのでは
ないでしょうか。


変わるには
まず、見ること、知ることだと
思っています。



購入先:楽天ブックス いじめと探偵 [ 阿部泰尚 ]



T.I.U.総合探偵社
東京都目黒区東山3-16-3
03-5773-5589
http://www.go-tiu.com/
メルマガ
http://www.go-tiu.com/mailmagajin01.htm

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。