スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やすらぎのある食事、盛岡市紺屋町、くふや。

IMGP0711.jpg


駐車場に車をとめますと
ひさしぶりに紺屋町を歩きます。


もりおかの保存建築物である
紺屋町番屋を見上げてみますと
避雷針らしきものが
望楼の屋根の頭に
ちょこんとのっておりました。
昔の建物の避雷針は
きれいなものばかりで
空に向かって
ぽつんといて
孤高の存在です。
その姿が結構好きでして、
昔の建物、とくに洋風の建物を見るとき
いつも空を見上げ
避雷針の姿を探しています。


IMGP0712.jpg


年に一回は行っておきたいと
思っています。


中津川沿い、上の橋近くには
丁寧なごはんが食べられるお店が
ひっそりとあります。
その場所を目指し歩きます。


上の橋近くには
そういったお店が
これまたひっそりと
集まっています。


中津川では白鳥が頭を川の中へ突っ込み
水草を食べているようです。
カモさんもいっしょです。
何回も何回も
頭を川の中に入れておりました。
白鳥は数羽いるのですが、
数羽とも川の中に
頭を入れるタイミングが同じなのです。


ポケットに手を突っ込んで
白鳥たちがシンクロする姿を見ながら
お店に向かいました。


IMGP0716.jpg


訪れるのは一年ぶりです。
ひさしぶりですので
しっかりと味わっておこう、と
決意してお店の扉を
そっと開けました。


一番奥の窓側の席に座ります。
中津川が見えるように座って
くふや弁当を注文しました。


向かいの椅子に防寒着やバッグを置いて
座る椅子を引きます。
いつもこの椅子を見ると
背もたれの外側に
雑誌か何かを入れる小さなスペースが
ついているのですが、
いつもこの場所が気になります。
椅子もテーブルも棚も
じっくりと時間が経過して
味わい深いものになっていて
ほかのお店にはない
静かな空間です。
このお店の雰囲気って
独特です。


いつも、ワンランク上のメニューを頼みたいと
思っているのですが
今回もくふや弁当となりました。
メニューを見ていますと
ワンランク上のメニューは
くふや御膳となるのですが、
もうひとつ、くふや定食というメニューがありました。
気になります。
一年くらい前に訪れたときには
無かったような気がします。
知らなかっただけかもしれません。


持参の本を読みながら待ちます。


くふや弁当は
曲げわっぱで出てくるのが特徴です。
曲げわっぱのフタもうつわとして使います。
曲げわっぱには
玄米のごはんが入ります。
いつ見ても丸々と大きくなった
玄米です。
ここの玄米ご飯は
三日間水につけて、
発芽させてから炊きます。
栄養価が高くなり、
柔らかくもなり、
消化もよくなります。
みそ汁がついて
左上のスペースには煮魚です。
初めて来た時は、サバ味噌。
次に来た時は、カレイの煮つけでした。
今回は別のお魚の煮つけでした。
(お魚知識はありませんので、よくわかりません。)
右上のスペースには
曲げわっぱのフタを反対にして使用したうつわです。
その中には
青菜におひたし、酢味噌がかかっています。
緑色の大根おろしらしきものの上に
しらすがのっています。
ごぼうを酢と何かに漬けたもの、
キクイモの漬けものも健在です。
このキクイモの漬けものを
初めて食べたのがこの場所です。


一年ぶりに見た
曲げわっぱの姿。


さっそく、玄米ご飯を食べます。
このやわらかい玄米ご飯。
くふやの玄米ご飯です。
玄米ご飯を初めて食べる人には
この玄米ご飯を食べさせてあげたい。
通常の、かため玄米ご飯が
苦手な人にもおすすめしたいです。


どれもこれも
素材の味わいが楽しめます。


キクイモのシャキシャキ感は楽しく、
ごぼうも気に入りました。
なんて説明したらよいかわからない
味なんですけれど、
もっと食べていたかったです。


酢味噌を味わったとき
ひさしぶりに酢味噌を使った
料理を作りたくなりました。


煮魚を食べて
やさしさの味に感じ
玄米ごはんを口に運び
みそ汁でほっとします。


ときおり、
中津川の様子を見て
遊歩道をウォーキングする夫婦を
目で追ったり、
目の前の道を通る人々を見たり。
なかにはこの場所にお店があることを
初めて知った、という感じの人が
入口のメニューをじっと見る姿。
毎年、この場所で食事をしながら
外を見ますと、
必ずひとりはそんな動きをする人を
見かけます。


今年も来られたよかった、
この場所で食事ができてよかった、と
思いながら味わい
残り少なくなっていきますと
少しさびしさを感じながら
食事を終えます。
食べ終わってしまうのが
残念です。


最後のお茶っこを飲んで
ちょっとずっしりとしながらも
不思議と手になじむ
湯のみを眺めながら
飲み終わりました。


IMGP0714.jpg


お会計をして
外に出まして
入口に貼られた知らせを見ます。
2月、3月それぞれ
特別な食事ができるようです。


IMGP0715.jpg


土日祝日にカレーが食べられたり
じつは焼きリンゴが
持ち帰ることできるなんて
初めて知ることばかりです。
今回はゆずジャム買いました。


やすらぎのある食事でした。


ごちそうさまでした。



くふや関連記事

  • 丁寧な落ち着きがいただける料理です、盛岡市紺屋町、くふや。
  • ひさしぶりにきちんとした食事ができました、盛岡市紺屋町、くふや。


  • くふや
    盛岡市紺屋町5-14ぎぼうしプラザ1F
    019-654-2322
    11:30-21:30 日だけ20:00まで
    (禁煙店、子連れは入店不可。)



    グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

    検索フォーム
    カテゴリリスト

    各アイコンの説明。

    カテゴリオープン
    カテゴリクローズ
    個別カテゴリ
    全カテゴリオープン
    全カテゴリクローズ

    • plus
    • minus
    プロフィール

    ウシポニ

    Author:ウシポニ

    岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

    お知らせ、メモなど
    • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
    最新記事
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。