スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天神様に奉納する棒菓子、盛岡市月が丘(ジョイス月が丘店)、伊藤軒:輪切奉天。

IMGP0503.jpg


11月のスーパーでの買い物。


京都のお菓子が売られておりました。
和菓子のようです。
盛岡駄菓子のような
部類のお菓子と思いますが、
見た目のきれいさに惹かれ
たくさん並ぶ京都のお菓子の中から
ひとつだけ試しに買ってみました。


輪切奉天


輪切というのは
見た目からわかるのですが、
奉天の意味はよくわからず、
パッケージの説明書きを見ます。


中の小さな丸の集まったお菓子が
かりんとうであり、
それをまとめるように
ぐるりと白い円になっているものが
飴であることが説明書きからわかりました。
奉天の意味はわかりません。


かりんとうと飴。
こういったお菓子は
食べたことがありませんでした。


IMGP0504.jpg


原材料はシンプルです。
砂糖、小麦粉、水飴、植物油脂、イースト、食塩。


食べてみますと
かりんとうの香ばしさがよく、
食感もザクザクと楽しく
甘さも控えめです。
飴の部分は歯につくような
粘りがあるわけではなく、
かりんとうの食感を邪魔しません。
ほんのりとした甘さに
貢献しております。


天神様に奉納する棒菓子


これが奉天の由来のようです。
昔からあるお菓子ようです。


食べる前は


(京都だからって、
おいしい、とは限らじゃないか)


と、名前だけでは判断しないぞ、と
心の中で気持ちをかため
食べてみたのですが、
一口食べますと
癖になる食感でして
パクリ、ザクザクザク
パクリ、ザクザクザク
と次々と口へ運び、


(京都はやっぱりおいしい)


と、心は素直になっておりました。


まだ売られているかはわかりませんが、
機会があれば
ほかのお菓子も試してみたいと
思います。


ごちそうさまでした。



輪切奉天ができるまで
http://www.kyoto-itoken.co.jp/hitorigoto/wagirihouten.html



伊藤軒
京都市南区東九条中殿田町16-1
0120-929-110
http://www.kyoto-itoken.co.jp/



ジョイス盛岡月が丘店
盛岡市みたけ5-3-45
019-605-5400
平日 10:00-11:00
日祝 9:00-11:00



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。