スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い菓子パン、滝沢村、マイヤーリング。

IMGP0526.jpg


12月の雪の積もった週末。


クリスマスが来るまでに
少しずつ少しずつ食べる
ドイツの菓子パン。
シュトーレン。


盛岡のお菓子屋さん、パン屋さん、
産直でも見られるようになりました。


私の住んでいるところから
一番近くにあるシュトーレンは
マイヤーリングです。
そういえば、まだ買っていなかった、
と思い出し、
買いに行きました。


カスタードクリーム色の建物に
クリスマスリース。
お店の前の駐車場は全て埋まり、
次々とお客さんが訪れます。


お店の中はにぎやかです。
注文をするお客さん。
注文した品物を待つお客さん。
奥のカフェスペースで
楽しく会話するお客さん。
お店をあとにするお客さん。
お店にやってくるお客さん。
対応する店員さん。


シュトーレンは
入って右側のスペースにも、
焼き菓子コーナーの
中央テーブルにも、
山になって積み上がっています。


その山のてっぺんにある
シュトーレンをひとつ取りますと
店員さんに渡し、
お会計をして
家に帰りました。


IMGP0539.jpg


食後のお菓子として
毎日、少しずつ
食べることにしました。
夕食を食べ終えて
片づけを終え、
紙袋からシュトーレンを取り出し


IMGP0540.jpg


机の上に置きます。


ひさしぶりに見る
白に包まれた
横長のかたち。
この白色を見ますと、
冬の食べ物、12月の食べ物、
という気がします。


IMGP0541.jpg


透明の袋を開けますと
ドライフルーツや
砂糖や
バターなどの
混ざり合った
シュトーレンのかおりが
広がります。


薄く切りまして
いただきますと
アーモンド
レモンピール(?)
レーズン
といった味や
マジパンの味や
シナモンの味や
まわりの砂糖の味。
それらがいっしょになって
やってきます。


飲み物といっしょに
食べたい味です。


ドライフルーツの中には
赤色をしたものも入っており
ドレンチェリーかどうかは
わかりませんが、
赤が入ると
ちょっとクリスマスっぽい
感じになります。


時間が過ぎて行くにつれ
ドライフルーツのおかげか
熟成していく食べ物。


少しずつ
食後に楽しみたいと思います。


ごちそうさまでした。



実際にはシュトレンと
言うのが正しいそうですが、
日本ではシュトーレンと
なっているようです。



マイヤーリング
滝沢村字土沢525
019-687-6663
10:00-18:30
定休日:火、第1第3月(祝祭日営業)



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。