スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元に愛される食堂で大きなからあげと再開する、盛岡市みたけ、食堂 田舎家。

IMGP0301.jpg


11月の日曜日。
からあげでも食べに行こう。
そう思うとき、
いつも行くお店は
近所にある一那へ
食べに行くことが多いのですが、
この日は別のお店で食べようと思い
ひさしぶりに
田舎家を訪れました。


入口を開けた時
これは無理かもしれない、
と思いました。
お昼の時間をすぎているのに
満席状態なのです。
どの席にも人がいます。


食堂。
まさしく食堂です。
雑多に入り混じった
ガヤガヤとした音。
いろいろな席で
様々な会話。
注文をする声と
注文を受けるおばちゃんの声。
テレビの音声。
奥からの厨房の音。


入口に立ち止まって
すこし呆然としながらも
視線をお店の奥のほうまで
走らせて
空いている席を探します。


そうしますと
人のいない席が奥のほうに
ひとつだけあります。
4人テーブル席が空いています。
ひとりで4人テーブル席に座るのは
こんなに込み合っている店内で
申し訳ないような気持ちになりますが、
奥へ進み、席に着きます。
するとおばちゃんがすぐに
お水を持ってきてくれます。
田舎家定食を注文します。
テレビでは高校サッカーの決勝戦が
行われていました。


日曜日ということもあって
家族ずれが多いです。
マンガを読みながら
高校サッカーを見ていると
すぐに相席となりました。
ジャージ姿の
男子学生のようです。
彼はメニューを見ずに注文します。
常連のようです。


次から次とお客さんがやってきます。
こんなに混雑するお店だったとは
知りませんでした。
前に来た時は
もうちょっとゆったりとした
イメージではあったので、
驚いております。
(前回は3年前に訪れていました。
過去ブログ調べ)


げんこつサイズの
大きいからあげが3つ。
半熟の目玉焼き。
ごはんに味噌汁。
目の前にやってきたとき


(これだな。)


と心のなかでうなづきます。
久しぶりの対面でしたけれど、
やはり、大きいです。


からあげにかぶりつきますと
アツアツです。
注意しなければなりません。


片栗粉だけで揚げられた
からあげは、
胸肉だと思うのですが
パサパサした感じがありません。
最初はそのまま食べ
途中からソースをかけて
いただきました。
目玉焼きがついてくるというのは
最近の定食では見かけない風景です。


前回いったときは
すんなり食べられた量ではありましたが、
今回はなかなか大変で
3年が経過して
食が少し細くなったのか、と
実感しながらも
完食いたしました。


ごちそうさまでした。



食堂 田舎家
盛岡市みたけ6丁目1-27
019-641-2782
平日 11:15-14:45 17:00-20:30(L.O.)
土日祝11:15-20:30(L.O.)
定休日:木



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。