スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしい粉引、盛岡市紺屋町(ひめくり)、 古風とモダンの間 秋谷茂郎展。

IMGP0176.jpg


台風の影響で
増水する中津川。
カモさんが
食糧を探して
ウロウロしているようです。


この日は
秋谷さんの展示会へ行きます。


2年前に行われたとき
小さなフリーカップを買いました。
それで麦茶を飲みました。
それから、いろいろな飲み物を入れ、
飲みました。
粉引のカップの内側は
いろいろなお茶っこがしみ込んで
変化をしております。


この秋谷さんのフリーカップが
陶磁器を買うきっかけになりました。
あのフリーカップが
陶磁器の魅力を教えてくれました。


あの時は、
作家さんが作る
日常で使う器の相場というのがわからず、
ひとつの器に2~3千円を支払いというのは
100均ばかりで
食器をそろえてきた者としては
どきどきしながらの買い物でした。


買うことを前程に訪れていた
というのもありますけれど、
それでも
こころを動かした器でした。


初めて持ったときの
スベスベとした感触に驚き。
やわらかい白の色合い。
手になじむ感触。


あの日から
あのフリーカップをよく使いました。


いまでは
フリーカップ、マグカップ、汲み出しなどの
お茶っこを飲む器だけでも
20に届きそうな勢いになっており、
ひとり暮らしにしては十分ではありますけれど、
やはり、持ってないかたちと出会うと
家計簿が許す限り
手が伸びてしまいます。


最近では
お皿や飯椀も買うようになり、
料理が得意ではないのに
器だけは増えていく傾向です。


けれど、
簡単な料理でも器を変えるだけで
料理がちょっとおいしそうに
ときには、引きしまったり
より色が映えたりと
器のもつ世界が
料理を引き立てるあの空間が
おもしろく
大事に食べたいものがあると
棚をのぞいて
器を見て、
作家さんの作った器を手にとります。


この日の並んだ器。
シンプルなものから
花びらを思わせるかたち、
土鍋から花入れまで。


IMGP0220.jpg


今の自分の生活の中で
あるいは
自分の中での今の好みで
普段の使う場面を想像しながら
選びました。


IMGP0221.jpg


ひとつは
碗(飯椀?茶碗?平鉢?)です。
分類わからずに
かたちに惹かれ買ってまいりました。


写真では青く映っていますけれど、
実際にはここまで青くありません。


薄っすらとした緑の透明釉には
りんごの木の灰が使用されているようです。
初めて買ったフリーカップにも
りんごが使われていました。


IMGP0222.jpg


(なぜか何回撮っても
ボケてしまいました。)
粉引特有のスベスベした肌触り。
りんごの灰を使った釉薬が
しのぎの部分にそって垂れ
模様を作っています。


この横の形が気に入りました。
縁のそっとした外側に反りかえりや
中ほどのふんわりとした膨らみ、


IMGP0224.jpg


高台に向けて
線が集まるまでの
曲線が好きです。
なんともやさしい形です。


IMGP0225.jpg


小さめのお皿を買ってまいりました。
こちらは先ほどの
りんごは使っていないもので
本当にシンプルです。


表情がおだやかです。


やわらかく、なんでも受け止めてくれそうです。


IMGP0226.jpg


底側の均等な三重丸というのは
あまり見たことがないように思います。
お皿の裏側なんて
じっくりと見ることなんてないですけれど、
見ていると何か不思議です。


高台までの傾斜がついているおかげで
お皿が持ちやすいようにも思います。
テーブルに置いてあるお皿を持つ時に
縁のさらに奥のほうまで
指を入れることができます。


秋谷さんの器は4つになりました。
いつ見ても触っても
やさしい粉引です。



古風とモダンの間 秋谷茂郎展
10/18-30(最終日16:00)



秋谷茂郎(あきやしげお)
埼玉県三郷市番匠免1-289
http://www5e.biglobe.ne.jp/~akiyamo/



ひめくり
盛岡市紺屋町4-8
019-681-7475
10:30-19:00
定休日:木
http://himekurimorioka.blog76.fc2.com/



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。