スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コクタンアイスクリームスプーン、盛岡市紺屋町(ひめくり)、工房イサド展。

IMGP0059.jpg


9月祝日。


そろそろ終わろうとしていていた
展示会にふらりと訪れてみました。


着ていた長袖を
鞄の中にしまいこんで
半袖で
中津川といっしょに
秋の日差しを受けながら
扉開けっ放しになっていた
お店の中に入っていきます。


木の雑貨が
テーブルの上に
壁に棚に
皿、カッティングボード
カトラリー
鏡、額などが
どれもこれも
味のある、ちょっと不思議な
これらがそこにあるだけで
雰囲気が変化するような
気がします。
どれもこれも、
自分の世界をもった物たちです。


その中をウロウロとします。


もちろん、あれもこれも欲しくなります。


けれど、この日は
決まっていました。


その形と色に
意識するよりも
心が反応しました。


IMGP0118.jpg


アイスクリームスプーンです。


材木は黒檀です。


この形、
この色、
曲線、存在感。
アイス好きとしては
これは持っておかなくてはならない、
と啓示を受けたような気がしました。


IMGP0119.jpg


金属製のアイスクリームスプーンよりも
印象やわらかく優しく、
黒檀の黒が存在感をぐっと引き締めて
柄の裏側やスプーンの曲線が
なんともきれいで
持ってみますと、
通常の木よりも重く、
裏側の曲線部分はスベスベで
表側の柄の部分に水平に粗目に削られた部分が
アクセントになっていて
それは見た目だけでなく
触った感覚でも
スベスベとちょっとザラっとサラッとした
変化があって
四角の中に曲線
丸みの中に角
どちらも感じられる
スプーンです。


IMGP0120.jpg


柄が長いので
パナップ系の深め容器でも
対応できそうです。


実際に使ってみますと
アイスをすくって
口に運び
スプーンを口から抜くときの
唇とスプーンのあたりがやわらかく
金属のアイスクリームスプーンよりも
厚みがあって、
冷たくないスプーンというのは
なんとも不思議でやさしいです。


黒い木のアイスクリームスプーンは
初めて見たものですから
アイス好きというのもあって
心奪われました。


アイスを食べるときの楽しみが増えました。



工房イサド展
もうねろねろ。遅いぞ、
あしたイサドに連れて行かんぞ。
9/13-9/24に行われました。



工房イサド
埼玉県北葛飾郡杉戸町
http://homepage2.nifty.com/isado/top.htm
http://isado.cocolog-nifty.com/



ひめくり
盛岡市紺屋町4-8
019-681-7475
10:30-19:00
定休日:木
http://himekurimorioka.blog76.fc2.com/



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。