スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロトロのたこ焼き、盛岡市青山、たこ蔵。

IMGP9976.jpg


8月の週末あたり。


みたけの運動公園前にあった
たこ焼き屋さんが
青山に移転してきました。


店舗で営業している
たこ焼き屋さんは
盛岡ではほとんど見かけません。
それが個人で営業していると
なおさらです。


お店に入りますと
正面にはたこ焼き機がずらりと並び
店主がひとりで
たこ焼きをクルクルとピックで
回転させております。
待っているお客さんが数組います。
男子学生が2人に
男性が1人。


金曜日の夕方、
注文前に店主から
20分待ちであることを告げられます。
その間に別のお店に行こうと
思っていたので
メニューを見上げ
いろいろあるメニューの中から
定番っぽい、ソースマヨを注文し、
お店を出ました。


用事をすませ
お店に向かいますと
相変わらず、店主は忙しそうに
しています。
電話での注文も受け付けているようで
次からは電話注文してから行った方が
よさそうです。


椅子に座って待っていると
次々とお客さんがやってきます。
30分待ちであることを告げると
帰るお客さん、待つお客さん
半分半分です。


容器にたこ焼きを
ピックで素早くのせていき
8個ぴったりとおさまると
ソースをぬり、マヨネーズをつけ
花かつおをドバッと豪快にのせて、
容器のふたを閉めます。


お会計500円を支払うとお店をでました。


IMGP9977.jpg


改めてたこ焼きと対面しますと
思っていたよりも大きいです。
花かつおで隠されたたこ焼き。
箸で持ち上げてみますと
やはり、大きいです。
一口で食べますと
出来たてのために
ハフハフして
温度を下げる必要があります。


やわらかく、中はトロトロのたこ焼きです。
粉っぽさはありません。


お店の看板に「大阪風」という文字が入っています。
たこ焼きは大阪の食べ物ですけれど、
わざわざ、「大阪風」と入れるのは
どうしてだろうと、と思い調べてみると
大阪のたこ焼きは
形を留める程度の
表面が柔らかいタイプとのことで
それで「大阪風」なのか、と納得しました。


全て食べ終わるときには
お腹いっぱいになります。
これだけで
ごはん代わりになりそうです。


ごちそうさまでした。



盛岡経済新聞
http://morioka.keizai.biz/headline/1412/



たこ蔵
盛岡市青山3-16-12?
019-646-4878
12時-21時
定休日:水



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。