スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い日のスイカ、滝沢村、産直チャグチャグ。

IMGP9968.jpg


8月の真夏日。


梅雨を明けるまでは
食べる気もなかったスイカ。
暑さが夏本来の姿になって、
スーパーで並んでいる姿を見ますと、
今年の滝沢スイカはどうだろうか、
と思いながら
スイカ売り場を通り過ぎます。


この時期になると
スイカは産直をはじめ
道端でもあちらこちらで
スイカ専用の直売所ができ
売られています。
滝沢村では、スイカは特産品です。


産直へ向かい
ずらりと並んでいるスイカの中から
小玉スイカを手に取ります。
一人暮らしには
大きなスイカは大きすぎるのです。


家に持ち帰り
なんとか冷蔵庫に入れておきました。
冷蔵庫の主役は
黒と緑のシマシマの
丸い物体が中央にドーンと存在していて
夏の冷蔵庫の顔です。


次の日になると
暑さもグンと強さを増して
アパートの窓やドアを全開にしても
生あたたかい風がとおりすぎるだけで
南部風鈴をぶら下げますけれど
ときどき部屋中に響き渡る
南部鉄器の音も
この生あたたかい風には
効果はなく
こうなりますと、
スイカの登場となります。
スイカには体温を下げる効果があるので
頼ることになります。


少し気になっていたのは
梅雨のときのよく降った雨です。
スイカは雨が少ないほうが甘くなるようで
今年はどうだろうか、と心配になっておりました。


白いまな板の上にスイカを置いて
スイカに貼ってある
特産すいか たきざわ
のシールをはがします。


包丁を真ん中から入れますと
空洞もなく、汁もしっかりとあって、
赤い姿を見せてくれます。
半分になったスイカは
ラップでぺたりと断面をおおって冷蔵庫へ。
残りのスイカもまた半分にして
ひとつはラップでくるりとして冷蔵庫へ。
四分の一、いただきます。


食べやすい大きさに切り分けまして
食べてみますと
ほどよく冷えたスイカからでも
しっかりと感じられる甘さ。
安心しました。
シャリシャリと食べまして
あっという間に皮だけになっておりました。
暑い日のスイカは
よりおいしいが増します。



産直チャグチャグ
滝沢村滝沢字牧野林1000-1
019-699-3910
夏期 9:00~18:00
冬期 9:30~17:30
定休日:年末年始(12月30日午後~1月4日)



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。