スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厨川にもりおかソウルフード、盛岡市厨川、福田パン厨川店。

IMGP9891.jpg


7月、梅雨の合間。


久しぶりの青空の下、
食糧調達でスーパーに行った後、
福田パンが厨川に
新しくオープンしたことを思い出し、
よってみました。


正確の場所はわからなかったのですが、
旧業務スーパーの
交差点のところらしい、という情報を得て
車で向かいますと、
美容室の向こう側に
新しい建物と
開店祝いのお花が飾ってあり、
昼下がりの太陽を受けて
建物のクリーム色が
より明るくなっておりました。


駐車場に車を停めると
福田パンの建物の影のところに
学生らしき男子が
数人集まって
買った福田パンを早速食べており、
食べ方や会話からしますと
初めて食べたような姿でした。
あるいは、
店舗でしか買うことのできない
種類を食べて
よろこんでいたのかもしれません。


スーパーや学食で売られている
福田パンは
いわゆる、定番のものだけで、
お店でないと買えない種類、
お店だからできる
自分好みの組み合わせがあって、
そこが楽しみのひとつです。


店内に入って
注文する人の後ろに並び
メニューを見上げながら
何にしようか迷います。


今の気持ちは
惣菜系よりもスイーツ系です。
ジャム系にホイップの組み合わせを
こころに決めて
待ちます。


本店には行ったことがないので、
流通センターにある矢巾店と比べますと
よりお店の人とお客さんが近くなりました。
注文してから、
お店の人がコッペパンに
ジャムなどを塗るのですが、
その過程がはっきりと見える
オープンスタイルで
スーパーの実演販売を思い出します。
今回はひとつだけ買って家に帰りました。


BPmSfvcCUAA9Xgc.jpg


牛乳を用意して
福田パンを食べます。


もりおかソフルフード。


子どものころから
よく見るコッペパンの姿です。


コッペパンの姿と中の具材のことが
福田パンでは話題の中心となりますけれど、
あらためて、
コッペパンの生地を意識して食べますと、
生地、いいんですよね。
大きくふんわりとした生地ですけれど、
スカスカではなくて、
ほどよくて、
馴染みやすい、
どんな具材にも合うような
シンプルさがあって。


てくり2号によりますと
岩手町にある製粉会社の
ホームランという業務用小麦粉を
使用しているらしいです。


今回は
桃ジャムとホイップです。
甘党をきちんと満たしてくれる組み合わせです。
コッペパンに噛みついて
その後の
桃ジャムとホイップの断面を
確認しながら、
黙々といただきました。
いつものもりおかの味です。


ごちそうさまでした。



福田パン厨川店
岩手県盛岡市厨川4丁目
019-641-8776



てくり2号。



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。