スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のはまり茶韃靼そば茶、岩手県野田村、道の駅のだ。

ブログ20110130 027
県北の出張。
その時に道の駅のだで購入したそば茶。

仕事で県内を出張するようになって
泊まったり、外食したりする機会がすごく多くなった。
そこでときどき出会うそば茶。
お店だったり宿だったり、
そば茶が出ることはまれではあるけれど、
そば茶があると、
ちょっとうれしかったりする。

そば茶。
実は仕事の旅をするようになって
初めて出会ったのだった。
存在は前から知っていたけれど、
体にいいらしいということは知っていたけれど、
その味を知らなかったので
手を出すことなかった。
けれど、そば茶を飲んでみると
なんとも香ばしくさっぱりしていて、
いつでも飲んでられそうな味が
普段飲みにはぴったりで、
お茶っこローテンションの一角を成すようになった。

ブログ20110130 028
そのそば茶。
道の駅に売っていたので買ってきた。
別に道の駅でなくても売っていると思うけれど。

こちらのそば茶は国産物で
軽米町の製麺所が作っている韃靼そば茶。

せっかくなので韃靼そばについて。
普段食べられているそばには
一般よく食べられる普通のそばと韃靼(だったん)そばがあって、
韃靼そばは、にがそば、と言われ、ちょっと苦みのあるそば。

韃靼そばは普通のそばに比べてポリフェノールの一種であるルチンが多く含まれていて、
そのルチンというやつは、
血管の強化、血中の糖・コレステロール・血圧などの降下作用
があると言われている。
生活習慣予防にいいみたいだ。
ルチンは過剰摂取しても外で出るだけなので安心だし、
そば茶はカフェインなどの刺激成分がほとんどないようなので、
カフェインを避けたい人には安心な飲み物のようだ。

まあ、おいしくて飲んでいるので
効能関係なく飲むんだけれども、
体には良いみたいだね。
お茶っこって
どんな種類でも体にいいよね。

で、韃靼そば茶。
普通のそば茶よりもそばの香りが強いような気がする。
濃いというのか香りが高いというのか、
香ばしい。
味も色も濃い。
黄色い色をしている。
この色はルチンが多く含まれているから、濃い黄色になるみたいだ。
(ただ、濃い目に淹れているだけかもしれない・・・。
お茶っこはケチっちゃいけない。)

そば茶のさらりとしてさっぱり感。
後味は残さず、かおり残す。
普通のそば茶のさわやかな感じとはちょっと違って
ちょっと個性がある。

この寒い時期、
そば茶とは長い付き合いになりそうだ。

ごちそうさまでした。

道の駅のだ
岩手県九戸郡野田村大字野田第31-31-1
売店/9:00~18:30
(11月中旬~3月中旬は18:00まで)
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。