スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘酒とラーメンとコーヒーとのし餅とあさどりくん、盛岡市神子田町、神子田朝市。

IMGP0549.jpg


年末の朝。


仕事納めをして、
年末年始の9連休に入り
年越しの準備を考えた時に
毎年の課題のひとつ、
のし餅をどこで買うか、という
悩みではないですけれど、
迷いながらいつも買っています。


小さい頃は
農家の人が作っていた
ウスとキネでついたお餅を
買って食べていたようで
お餅の味といえば
正月ののし餅を
長方形に切って
焼いて食べたときの味なのです。


私にはその味が
お餅の基本に
なってしまっているようで
いつも、年末、
のし餅を探し求めています。


そうしますと、
いろいろと違うところで買ってみたいと
思いまして
場所やお店を変えて
毎年、のし餅を買っています。


去年は
時間的にも気持ち的にも
のし餅を買う余裕が
ありませんでしたので
今年こそはと思っておりました。


最近、お昼のお弁当を
持参するようになりまして、
朝、自分のお弁当を作っており
早起きのクセがついております。
長期連休になりますと
その生活リズムは
大きく変わってしまいます。
まだ、早起きのクセが
残っているうちに
神子田の朝市に行こう、と
決意します。
朝市はその名の通り、
朝しかやっておらず、
5時から7時30分までが
目安のようです。
そこでのし餅などが買えればと
思いながら前日、ベッドに横になります。


目覚ましに起こされて
神子田朝市、神子田朝市と
心の中で唱えながら
何とか心を動かして
朝の準備をします。


外に出ますと、
まだ薄暗く、辺りはひっそりとしていて
休日の朝です。
車で幹線道路に出てみますと
車はまばらで
どの車もライトをつけて走っています。
空は明るくなっており、
青空をみせておりましたが、
街はまだまだ暗く、
動き出してはおりません。
道沿いの温度計は
氷点下2度の表示です。


神子田にきますと
駐車場は満車です。
この場所だけはにぎやかでした。
到着したのが7時前後でして
買い物を終えて買える人もいれば
これから買いに来る人もいるようです。


初めて行きました。
様々な方々がブログに載せているのを見て
いつかは行ってみたいと
思っておりました。
ここにきましたら
やっておきたいことが2つあります。


ラーメンを食べる。
コーヒーを飲む。


どちらも神子田の名物のようでして、
この2つは体験をしておきたかったのです。


売り手のところに造られた屋根が
ずらりと長屋のように縦長にならびます。
煙突がにょきにょきと
頭を出して並び、
冷え込む朝、
ストーブを炊いて
温まっています。
煙がモクモクとあがって
冬の市場という感じがします。


本来ならば
雪が積もり、
気温もさらに下がり、
景色も違うのでしょう。


神子田朝市は
真ん中の縦長の建物をぐるりと
まわるようになっていて
すぐに回りきれます。
どんなお店が並んでいるのか
雰囲気を楽しみながら
ゆっくりと歩きます。


果物はりんご、みかん、渋柿など
野菜にお花屋さん、
惣菜に魚屋さん、
注連縄(しめなわ)や
正月飾り、
お餅屋さん。
お目当てののし餅を並べているお店が
数か所あります。
場所をチェックし終えると
ラーメンを食べていきました。


お店ののれんを目の前に
ちらりと窓からお店をのぞくと
お客さんがたくさん入っていて
満席の雰囲気です。
あくのをまとうと、
ゆっくりと朝市を1周します。


IMGP0550.jpg


その間、100円で
甘酒を買い、
朝市マスコットキャラ
ゆるキャラである
あさどりくんをみながら
飲みます。
背中に野菜を背負っています。
写真をいっしょに撮っていく
方々もおられるようです。


IMGP0551.jpg


またお店の前に来ますと
お客さんがお店の外に出るようで
それを待ちます。
ちょっと滑りの悪い引き戸を
ガタガタさせて扉を開けて
お客さんが外に出てきましたので、
かわりにお店の中に入りました。


カウンター席だけで
満席で10名くらいです。
カウンターは
厨房に向けて座るのと
その反対側の壁に向けて座る席があり
満席になりますと、
お客さんは背中合わせで食べます。


メニューを見て
ラーメンを注文しますと
前金であることを告げられます。
400円を手渡し、
一番奥の席に座りました。


店内のお客さんを見ていますと、
年末ということもあるのか
家族連れが多く、
小さなお子さんをよく見かけます。


壁に貼ってある
味に調整ができます。という
張り紙がありまして、
どういう意味だろうと
思っておりましたが、
ラーメンを食べてみますと
その言葉の意味がわかりました。


ラーメンは
昔ながらの表情で
懐かしく、なごみます。
シンプルに
醤油のスープ色、
上にしなちく、チャーシュー、
のり、ほうれんそう、ねぎ。


スープからしますと
あっさりしているかと
思っておりましたが、
食べますと、しっかりしています。
それで、味の調整の
意味がわかりました。
濃さの調整ではないでしょうか。


朝にラーメンというのも
初めてでしたが、
朝、食べますと
体が活動的になります。
体が温まります。


食べ終わりますと、
食器を返却し、
お店をでました。


次はコーヒーです。
マドカコーヒーと書かれたお店に行きますと
ホットコーヒー150円とあります。
コーヒー豆の量り売りも
しているようです。


お店の前に来ますと
すぐにコーヒーを出してくれます。
150円を支払い
紙コップに入ったコーヒーを受け取って
飲みながら朝市を歩きます。


次はのし餅です。
五合650円と
お安いお値段でした。
1000円前後が
相場だと思うのですが、
早起きしてよかったです。


IMGP0552.jpg


お餅を買い
目的は達しましたので
朝市をあとにします。
8時をすぎており、
駐車場の車も少なくなっておりました。
けれど、まだまだ
お客さんはやってきています。


IMGP0553.jpg


あたりはすっかり明るくなり、
この日の目的は
達したのですが、
まだ8時であり、
まだまだ時間があります。
一日がいつもより長く感じます。


ごちそうさまでした。



神子田朝市
盛岡市神子田町20-3
019-652-1721
5:00-8:30
定休日:月(祝日の月曜日は5月-12月まで営業)
http://www.morioka.jp/mikoda/



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

スポンサーサイト
NEXT≫
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。