スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪色の甘いお酒、盛岡市月が丘(ジョイス月が丘店)、酔仙酒造:雪っこ。

1381654564527.jpg


10月のある夜。


ふらりと買い物をしに行ったスーパーで
10月であるならば、
あのお酒が置いてあるだろうか、と
日本酒が置いてある
冷蔵ケースのところへ行ってみると、
雪っこが置いてありました。


缶のタイプのほかに
一升瓶のタイプもあります。
私の前にいたおじさんは、
その日本酒のコーナーで
あれこれと日本酒を見ていて
ふと、かごの中を見ると
雪っこの一升瓶が入っておりました。


帰ったら
雪っこで一杯やるんだろう、と
そのおじさんをみながら
その横で
私は缶タイプの雪っこを手にとりました。


10月になると
とりあえず、買ってきて
秋を確認するために
甘いお酒を飲みます。


あまりお酒は飲みませんので、
この缶を二日に分けて飲みます。
小久慈焼の白いぐい飲みを使って
白くてトロリとした雪っこを注ぎ、
食後のデザート感覚で飲むのが
私のいつもの雪っこの飲み方です。


原酒のために
アルコール度数は通常の日本酒よりも高く
20%を超えています。(普通は16%くらい)
けれど、甘いのであまり気になりません。
トロトロとして、雪色をした
甘いお酒のあとにやってくる
アルコールの辛さ(苦み)があるおかげで
続けて飲むことができます。


このトロリとした甘さを味わうと
そろそろやってくる冬を思いだしてしまいます。


きちんと振ってから飲まないと
底のほうになるにしたがって
濃い雪っこがあらわれますが、
その濃い雪っこもしっかりと
味わって飲み終えます。


このお酒を飲むと
岩手も本番の季節に入ったような
気がします。



酔仙酒造
本社:陸前高田市高田町字大石1-1
工場:大船渡市猪川町字久名畑136-1
0192-47-4130
http://suisenshuzo.jp/



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

スポンサーサイト
NEXT≫
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。