スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライパンの旅vol.9(終)、盛岡市南仙北、柳さんのオムレット。

前回記事
フライパンの旅vol.1、盛岡市紺屋町、クラムボン前駐車場から第5分団番屋。
フライパンの旅vol.2、盛岡市紺屋町と中ノ橋通、東北電力から盛岡信用金庫本店。
フライパンの旅vol.3、盛岡市中津川遊歩道、旧盛岡銀行から与の字橋。
フライパンの旅vol.4、盛岡市中津川遊歩道、与の字橋から深沢紅子野の花美術館。
フライパンの旅vol.5、盛岡市中津川遊歩道、深沢紅子野の花美術館から上の橋。
フライパンの旅vol.6、盛岡市中津川遊歩道、上の橋Uターン。
フライパンの旅vol.7、盛岡市上の橋、上の橋とかみのはし。
フライパンの旅vol.8、盛岡市中ノ橋通、ござ九裏柳の通りから旧盛岡銀行。
旅の途中でマクロビ定食、盛岡市中ノ橋通、ウサギ ボタニカ。
エゴマ醤油ソフトクリーム、盛岡市中ノ橋通、食楽日和(くらびより) 浅沼醤油店。

ブログ20100923 061
盛岡の街中をウロウロしたけれど、
そろそろ、本題のフライパンへ。
けど、このシリーズ最終回です。
本題に入る前8:1本題。

実は最初からある程度は決めていた。
新たなフライパンを買うにあたって思ったのは

手入れの手間がかかってもいいから、
長く使えるものがほしい。

ということだった。
ホームセンターで安いフライパンを買うのもいいけれど、
せっかくなら、相棒となれるくらい、長くつきあえるものがいい。
ということで、1万円くらいまでを予算とし、
その中で買えるものを買おうと。

そこで考えたのが、
何とか加工がほどこされているものでないもの。
テフロンとかそういうのでないやつ。
アルミも考えたけれど、
鉄製のフライパンを買おうと思った。
で、いろいろネットでみたら
鋳物フライパンというのがあるらしい。
鋳物は蓄熱性があるので、
一般家庭のガスレンジではなかなか実現できない高火力。
これに一歩近づくことが出来る。

ふむふむとネットで読んでいて、
まてよ、盛岡、鉄、鋳物・・・
南部鉄器があるじゃないか、というお導き。
けれど、南部鉄器でフライパンってあるの?と調べてみると
ありました、ありました。
メーカーでさまざまだけれども、
盛岡で買えそうなところは2カ所。
ひとつは岩鋳、もうひとつは釜定。


これが釜定のフライパン。

盛岡市内には、昔からやっている歴史、伝統の南部鉄器をつくるお店が何軒かある。
盛岡城の御膝元ですから。
けれど、そういったところだと、
昔から作られている形だけしかなく、
かつ、お値段も相当なもの。
フライパンなんてものを作っている南部鉄器のお店は限られてくる。
で、目星をつけたのが、釜定。

3代つづく南部鉄器のお店。
宮 伸穂さん(3代目)が作っている。
金沢美術工芸大、東京芸大大学院とデザインを学んだ、とのこと。
フィンランド在住経験もあるらしい。

シンプルでスマートなデザインのフライパン。
これにしようと思い、釜定に行ったわけさ。
で、
実物をみて、触ったりした。
思ったより小さいかな、というのが最初に思ったこと。
家で料理すると、1.5~2人前を作ってしまう者としては。
炒め物がメインで、野菜のほかに、うどんやパスタでも使うし、
チャーハンなどの炒めるご飯系など、
そういったのが多いので、
これでは、小さい。
頭の中で想像して、材料を入れたときのフライパン、
炒めるときのフライパン。
何回かやってみたけれど、窮屈だった。
残念、の気持ちを持ちつつお店をあとにする。

で、別のフライパンを作っているお店へ。
車に乗りこんで、盛岡を南下。


ブログ20100923 062
南仙北の岩鋳。
観光バスのルートであり、
目の前にビッグハウスがある。


ブログ20100923 063
迷った挙句、デザインが良さげだったものを買ってきた。


ブログ20100923 064
柳さんのオムレット。

買ったのはフライパンではなかった・・・。
どうやら、これは本来オムレツを作るためのフライパンらしい。
ということを今知る。
まあ、炒め物できるかと思ってさ。
フライパンには変わりないか。

で、デザインした人は
柳宗理(やなぎそうり)。
代表作は、バタフライ スツールといって、椅子なんだけれど
正面からみると、蝶の形をした椅子なんだよね。
これがニューヨーク近代美術館などで永久コレクションとされているらしい。
紫綬褒章、文化功労章なんかももらっている人みたい。

で、炒めてみた感想は、
やっぱり、これもちょっと小さい。
1.5人前はぎりぎりで炒めるのが困難だった。
1人前で。
一人前のチャーハンはきびしい。
やはり、オムレツあたりでも作っておけということなのか・・・。
肉はまだ焼いてません。
これなら活躍できそう。
魚は焼いてみました。
おいしくできました。ブリ照り焼きつくったよ。
くっつきませんし、材料をいれても温度の下がりが少ないし、
お手入れも案外簡単。

まだ、このフライパン(オムレット)のポテンシャルを十分に引き出していない。
はやく、慣れたいところ。
料理の量はこれに合わせて行こうと思っている。

最近は丁寧に料理しよう、という気持ちを持つようになり、
味噌汁だってちゃんとダシから取るようにしたし、
材料の切り方だって、丁寧になった。

オムレットがやってきたことで、
じつは別のところに波及効果がうまれている。

とりあえずは、この新入りとコンビを組んでやってみることにする。



今回でフライパンの旅終了です。
お付き合いありがとうございました。
スポンサーサイト
NEXT≫
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。