スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すんなり飲みやすく甘い牛乳、盛岡市月が丘(ビッグハウス青山店)、岩手くずまき高原低温殺菌牛乳。

IMGP0455.jpg


11月の週末。


ビッグハウス青山店の
牛乳のコーナーに
見かけないパッケージの
牛乳が陳列されておりました。


岩手くずまき高原
低温殺菌牛乳


お値段は200円後半で
スーパーで販売されている
牛乳の中では
高い部類の牛乳です。


くずまき高原へ
行った時を思い出しながら
あるいは
街中や宿泊施設
葛巻ワインの工場、
その下の森に広がる
ミズバショウを想像しながら
牛乳を手に取ります。


IMGP0456.jpg


低温殺菌の牛乳は
スーパーではよく並びますが、
どのくらいの殺菌温度だろうと
パッケージを読んでい見ますと


66℃・30分間


と書いてあります。


スーパーで
60℃台のものは
あまり見かけません。


ふーむ、買ってみよう。


ホットミルクを飲む季節ですし、
いろいろな牛乳を試してみようと
思っていたこともあり、
66℃にも興味惹かれ
買いました。


IMGP0457.jpg


パッケージを眺めていますと
質をアピールする表示が見られます。


IMGP0458.jpg


低温殺菌ということもあって
勝手な先入観ではありますが、
濃い味の牛乳なのだろうか、と
思いながら飲んでみますと
思ったよりも飲みやすい牛乳でして、
すんなりと入っていきます。


甘いんです。
この牛乳には甘さがあります。
この甘さが
角の丸い牛乳に感じるのかもしれません。


お風呂上がりに飲んだのですが、
この飲みやすさの正体を知りたくて
小さなガラスコップで
何杯も何杯も飲み、
気が付いたら
1リットルパックに入っていた牛乳は
半分になっておりました。


結局、ホットミルクにする前に
全て飲みきってしまいました。


スーパーで売られている牛乳は
ある程度味の調整がされているとはいえ、
季節によって味が変わります。(メーカーによる)
冬の牛乳はどんな味でしょうか。
見かけたらまた買いたいと思います。


ごちそうさまでした。



くずまき高原牧場(一般社団法人 葛巻町畜産開発公社)
葛巻町葛巻40-57-176
0195-66-0555
http://www.kuzumaki.jp/



タカナシ乳業株式会社
横浜市旭区本宿町5
http://www.takanashi-milk.co.jp/



タナカシ低温殺菌牛乳(66℃30分)の説明書き



タカナシ乳業は
群馬でハーゲンダッツ作ってます。(製造受託)



ビッグハウス青山店
盛岡市月が丘2-2-10
019-648-7702
9:00-22:00



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

スポンサーサイト
NEXT≫
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。