スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコとリンゴ、雫石町(野の花舎)、森のてつびん屋:ワンコ、リンゴ。

12月の土曜日。
雪、ちらつく。


IMGP6095.jpg
この日は、
雫石の野の花舎で行われている
森のてつびん屋 高橋大益作品展へ行った来た。
26日(月)まで。

以前、ひめくりでこの方の鉄瓶をみかけており、
気になっていた。
鉄瓶以外にも小物系も作っていて、
ちょうど、ひめくりに行ったときに
野の花舎で作品展が行われるハガキを発見し、
行ってみることにした。

たぶん、去年の3月~4月以来の野の花舎。
前に来た時は、おばちゃんの財布を見つけてコーヒーをごちそうになったんだった。

ご飯を食べた13時前あたりに行ってみると
お客さんは私ひとりだけであった。
玄関でスリッパに履き替えて中へ入ると
鉄瓶たちが並んでいた。

鉄瓶が並ぶ横にはハンカチ。
鉄瓶をつかむ際にはこのハンカチを使って、ということらしい。
こういう作品に対する配慮をみて、ちょっとうれしくなる。
汗とかで錆びるからだと思う。

デザインが昔の鉄瓶とは違った形が多く、
どこか、かわいさ、やわらかさ、といった
雰囲気の角の尖っていない
今の時代に合ったデザイン。
南部鉄器の黒くて重い鉄の雰囲気に丸みが帯びて
やわらかい黒が実用性はもちろん、
インテリアとしてもよく、
ちょっと集めてみたくなるコレクション性もあって
これは見ているだけでも楽しくなる。

鉄瓶も丸くてかわいい形もあれば、
カエルさんの模様やウサギさんもある。
フタのつまみのところにフグさんになっていたり、
水道の蛇口の栓のようなものになっていたり。
あと、鉄瓶自体の形も
雫といわれる作品は
そのなのとおり、雫をイメージしており、
卵のように縦長で丸いかたちの鉄瓶。

鉄瓶以外にも
卵の頭を切ったような一輪差しや
小物系など。
小物系は犬、猫、ねずみ、ふくろう、家、りんご、くり、クルミなど。

今回は小物系を買う予定で行ったので
それぐらいの予算しか持ち合わせていなかったけれど
銀行から下ろしてきて鉄瓶買ってしまおうか、と迷ったりもした。
いずれは買いたいけれど、
なにか自分のご褒美的に
成長したり、成し遂げたりしたときに買おう、と決めた。

ちなみに、
こういった作家さんの鉄瓶相場は
3万前後からです。
今回見た作品もそのあたりのお値段だったので
相場どおりだと思う。
大量生産型だと安いのはあるけれど
一生使えるものだと思えば
そんなに高い買い物ではないと思う。


IMGP6102.jpg
そこで今回買ってきたもの。


IMGP6103.jpg
2つ。


IMGP6104.jpg
ワンコとリンゴ。


IMGP6105.jpg
ワンコで思い出すのが
盛岡の工房、釜定の盛岡天満宮狛犬をかたどったのがあるけれど
こちらのワンコは小さくてかわいい。


IMGP6106.jpg
リンゴもいい。
ヘタの部分がすごいなぁ、と思っていたら
作った本人いわく、
針金だそうです。
この部分はさすがに無理らしい。


IMGP6107.jpg
こういった小物は
他の工房ではあまり作らないとのこと。
というのも
手間はかかるけれど、値段は高くできない。
利益がほとんど出ない作品、ということらしい。

鉄瓶は
焼型と言われる従来の方法と
生型と言われる大量生産の方法があるようで、
この生型で作っているところもあるけれど
それでは細かく作れない、荒くなるとのこと。

こういった作品は利益は出ないけれど
南部鉄器、鉄瓶の世界へ一歩踏み込むための
きっかけ作りには貢献しているような気がする。
これで興味を持ってくれる人がたくさんいたらいいと思う。


IMGP6108.jpg
ワンコもニャンコも顔が似ているので
ちょっと見分けがつかないかもしれないけれど
よくよく見ると違うところがあるので
見比べる機会があったならば、よく見てほしい。

お会計をするときに
作家さんの手がすごく印象的で
指先が黒くなっていて
職人の手だった。

2010年に独立したばかり。
こういった作家さんは応援していきたい。

26日(月)まで作品展は開催中。
ひめくりでは常設展示。
気になった方は見るだけでもどうぞ。


野の花舎
019-692-2151
雫石町長山松森33-4
10:00~16:00
定休日:火曜日

森のてつびん屋 鉄瓶工房 高橋
高橋 大益
http://tetubinya.at.webry.info/

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。