スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

削りの姿がどこかなごむのです、盛岡市中ノ橋通(necco)、及川静香:削りカップ。

IMGP1130.jpg


中ノ橋の雑貨屋さんへ訪れて
見ておりますと


IMGP1131.jpg


及川さんのうつわたちが
並んでおりました。


及川さんのうつわが入荷したらしいことは
聞いておりましたが
いろいろと並んでおり
見るのはたのしいですが、
選ぶのはどれにしようか、
あれこれと悩んでしまいます。


IMGP1132.jpg


結局、カップ
を購入してまいりました。


内側の貫入でしょうか、
細かく入った
ヒビのような姿を見ますと
及川さんらしいうつわで
お茶を入れて
手に取り
一口飲んでから
その上から
その貫入の線を
じっと見つめて
しまいます。


黒い点のようなものが
散らばって
うつわの内側に
風景を作ります。


IMGP1133.jpg


荒く削り
焦げ茶色になった姿は
強さがあるようでいて
どこか、なごむような気がして
削りたてのような
そのままのかたちが
飾らない姿に見えて、
そうのように感じるのかもしれません。


削りかたも
真っすぐではなく
下へ向かうにしたがって
ちょっと横に流しているので
削りにどこか丸さがあるように
感じます。


掛けた釉薬が
適度に変化のある
焼き上がりになって
見ていても飽きず
触っても
削って出来たエッジの山が
手のひらにあって
面白いです。
使っていくうちに
変わっていくのかもしれません。


IMGP1134.jpg


高台側から見ますと
螺旋がおもしろくうつります。


横側から見ていますと
なにか見たことのある姿で
記憶を探ってみますと
この削り具合と
焦げ茶色の具合が
お菓子の
カヌレっぽい感じがして
あるいは
この削りの
斜めになった姿が
お菓子の
クグロフっぽい感じがして
そう想像してしますと
おいしそうにも見えてきて
お菓子が食べたくなってくるのですが、
これは甘党の悪いクセでして、
そこは切り替えて
お茶っこを入れて
手の内側で
うつわの削った部分を感じながら
飲むのです。


及川さんのうつわは2個目ですが
どちらもお茶っこを飲むうつわですので
次は別のものを買おうと
思うのでした。



及川静香
益子
http://ssilentt.exblog.jp/


▼【中ノ橋のお店は老朽化により閉店】
necco(ネッコ)
盛岡市中ノ橋通1丁目4-15
019-604-1755 
平日 11:00~17:00、
土日祝 11:30~17:30
定休日:火、水 
http://necco-craft.jp



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

スポンサーサイト
NEXT≫
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。